ABOUT US

概要

Ruby City MATSUE Project とは?

matsue_ruby

OSSと「Ruby」をテーマとした、「Rubyの街」としての新たな地域ブランドの創生を目指しています 「Ruby」をキーワードに、気軽に立ち寄り、技術・情報を交換することができる場所を提供し、人材・情報の交流拠点、ビジネスマッチングの拠点としての役割を担うことを目指しています。地域の人材を地域へ 学生向けのRuby人材育成から取組み、産学官の連携により質の高いRuby人材育成環境を提供します。また、IT産業の振興施策と企業立地の推進により、育成した人材の雇用の場を確保します。

松江市長 松浦正敬 からのコメント

mayor_comment

松江市は「縁」を大切にする街です。海外でも広く使われるオープンソースのプログラミング言語「Ruby」の生みの親、まつもとゆきひろさんがこの街に住むという縁で平成18年(2006年)から本市が取り組んでいるRuby City MATSUEプロジェクト。ネットワークがあれば時間や空間を軽く飛び越えるITの世界。脈々と続く松江の落ち着いた人々の暮らしの営みの中で、人と人との関わり合いが新しいモノを生み出していくさまを応援しています。